ビザ(査証)申請サポートと中国製ベアリング(軸受)販売のATC

外務省 公印確認/アポスティーユ代行

    最終更新日:2021.3.12

    外務省での公印確認/アポスティーユ代行サービス

    大使館認証を目的とする場合:外務省公印確認が必要です
    ハーグ条約締結国での提出を目的とする場合:アポスティーユが必要です(ハーグ条約締結国に提出する場合、アポスティーユ済み書類は大使館認証が不要です)

    外務省での公印確認及びアポスティーユの手続きを弊社にて代行しております。
    外務省公印取得済み書類の各国大使館での領事部書類認証のための手続きを希望される場合は「公印確認」をご依頼ください。

    料金と所要日数

    約1週間:¥5,000

    必要書類

    • 「公印確認/アポスティーユの対象となる公文書」内記載の書類(原本)
      発行から3ヶ月以内のもの
    • 申請書
      認証内容によりフォームが異なります
      公印確認:公印確認申請書
      アポスティーユ:アポスティーユ申請書
    • 公印確認/アポスティーユ用委任状
      こちらから該当するものをプリントアウトの上、ご記入ください

    公印確認/アポスティーユの対象となる公文書

    • 国家機関、地方自治体発行の書類(無犯罪証明書、登記簿、戸籍謄本 等)
    • 国公立/私立の小中学校・大学の書類(卒業証明書、在職証明書 等)
    • 国公立病院の書類(健康診断書 等)
      ※私立の専門学校、私立の高等専修学校、私立病院/医療法人は私文書扱いとなります。公証役場認証をご覧ください
    • 公証役場認証と公証人押印証明が取得済みの私文書
      ※お客様ご自身で公証役場にて認証をされた場合:
      ・必ず「公証人押印証明」が添付されていることをご確認下さい。[埼玉、茨城、栃木、群馬、千葉、長野、新潟]で認証した私文書については公証人押印証明が通常添付されておりますのでそのまま外務省公印確認(またはアポスティーユ)に進めます
      ・上記以外の地域で認証した私文書については、公証人所属の法7務局で公証人押印証明を取得してから弊社にご提出下さい(押印証明の弊社での代行はできません)そのうえで外務省公印確認(またはアポスティーユ)に進めます
      ※お客様ご自身で[東京・神奈川・静岡・愛知・大阪]の公証役場で認証された場合:
      ​ワンストップサービスにより公印確認(またはアポスティーユ)まで完了しておりますので、改めて外務省で公印確認/アポスティーユの手続きは不要となります
    サービスに関するお問い合わせ

    03-5332-9887
    受付時間 9:30〜17:30(土日祝除く)
    Copyright © Asia Trading Corporation All Rights Reserved.