ビザ(査証)申請サポートと中国製ベアリング(軸受)販売のATC

マレーシアビザ

    最終更新日:2019.1.28

    一般的な注意事項

    • 査証は原則としてシングルビザのみ発給されます(3ヶ月有効30日滞在)
    • ダブル入国以上を希望される場合、入国回数分のeチケットが必要です(※発給は領事判断)

    eチケットに関する注意喚起

    • 13桁のチケット番号が記載されたものがeチケットになります。それ以外の番号は予約番号であり、原則的に申請できません。ただし、AirAsia系列に限り、バーコード表示されたチケット情報ページであれば申請が可能です。
    • 予約番号しか表示されず、AirAsiaの飛行機でない場合は下記のもので申請可能です(※発給は領事判断)
      • 航空会社発行の英文チケット情報+料金領収の英文表示(Paid, Payment Confirmed, Payment Approvedなど)
      • 航空会社発行の英文予約確認書+旅行会社発行の領収書
    • 中国の予約サイトを利用した場合でもルールは上記同様です。必ず航空会社のチケット確認画面から印刷してください。
    • 陸路入国などによりマレーシア入国を証明する書類がない場合は日本出発から帰国までの英文日程表を提出してください。

    外国籍のかた

    観光|商用(商談・会議・視察目的)シングル

    ※商談・会議・視察以外の目的のかたは就労ビザと判断される可能性があります。

    旅券有効期間:入国時6ヶ月以上
    査証有効期間:3ヶ月
    滞在可能日数:30日以内

    取得日数と料金

    取得日数インド籍再入国許可書その他外国籍
    5日間¥9,000(マルチ:¥12,000)¥12,000¥8,000
    3日間¥10,000(マルチ:¥13,000)¥13,000(4日間)¥9,000

    申請に必要な書類

    観光のかた
    • パスポート(原本)
      ※査証欄余白見開き2ページ以上必要です
    • IM47(2部)
      こちらから両面印刷(2部ともパスポートと同じサイン記入)してご利用ください
      弊社に作成依頼(上記+¥1,000)されるかたの質問書はこちらから印刷してご記入ください
    • FORM108
      ※再入国許可書で渡航のかたのみ必要です。こちらから印刷してご利用ください
    • 証明用カラー写真(2枚)
      4.5×3.5センチ
    • eチケット
      ※往復分必要です。陸路入国等によりマレーシア入国手段の証明が提出できない場合は英文日程表(手書き不可。日本出国から帰国までの全行程詳細をWORD/EXCEL等で作成)を追加で提出してください
    • 在留カード(コピー)
      ※両面をコピーしてください
    • 本人名義の銀行残高証明書
      ※発行1ヶ月以内、残高は旅行全行程日数×1万円+10万円以上が必要です
      ※18歳未満のかたは親名義のものでも可。ただし親子関係を証明できる住民票(原本)が必要です
      ※氏名がカタカナもしくは通称名表記で発行の場合は追加で住民票(原本)が必要です
    • 次訪問国の査証(コピー)
      ※該当するかたのみ
    商用のかた
    • パスポート(原本)
      ※査証欄余白見開き2ページ以上必要です
    • IM47(2部)
      こちらから両面印刷(2部ともパスポートと同じサイン記入)してご利用ください
      弊社に作成依頼(上記+¥1,000)されるかたの質問書はこちらから印刷してご記入ください
    • FORM108
      ※再入国許可書で渡航のかたのみ必要です。こちらから印刷してご利用ください
    • 証明用カラー写真(2枚)
      4.5×3.5センチ
    • eチケット
      ※往復分必要です。陸路入国等によりマレーシア入国手段の証明が提出できない場合は英文日程表(手書き不可。日本出国から帰国までの全行程詳細をWORD/EXCEL等で作成)を追加で提出してください
      ※eチケット、推薦状、招聘状の渡航予定期間が全て一致していること
    • 在留カード(コピー)
      ※両面をコピーしてください
    • 本人名義の銀行残高証明書
      ※発行1ヶ月以内、残高は旅行全行程日数×1万円+10万円以上が必要です
      ※18歳未満のかたは親名義のものでも可。ただし親子関係を証明できる住民票(原本)が必要です
      ※氏名がカタカナもしくは通称名表記で発行の場合は追加で住民票(原本)が必要です
    • 次訪問国の査証(コピー)
      ※該当するかたのみ
    • 英文会社推薦状(原本+コピー)
      ※発行者サインと会社印を捺印したもの
      ※渡航費用を会社負担の記載があれば、銀行残高証明書の提出は不要です
      ※国際会議参加の場合は招聘状のみで申請が可能です
      ※eチケット、推薦状、招聘状の渡航予定期間が全て一致していること
    • 英文招聘状(原本+コピー)
      ※発行者サインと会社印を捺印したもの
      ※渡航費用を会社負担の記載があれば、銀行残高証明書の提出は不要です
      ※国際会議参加の場合は招聘状のみで申請が可能です
      ※eチケット、推薦状、招聘状の渡航予定期間が全て一致していること
      ※PDFしか用意できない場合、現地から添付ファイル付で受信したことを証明する英文eメールのコピーが必要です(領事判断)

    日本籍のかた

    長期滞在(就労|家族滞在|留学|MM2H)

    90日以内の観光・商用・外交/公用は査証を取得する必要はありません。
    ※機械設置・修理目的などは査証の取得が必要です。

    取得日数と料金

    5日間:¥6,000
    3日間:¥7,000

    申請に必要な書類

    • パスポート(原本+コピー)
      ※旅券有効期間は申請時6ヶ月以上必要です
      ※査証欄余白見開き2ページ以上必要です
    • IM47(2部)
      こちらから両面印刷してご利用ください。弊社に作成依頼(上記+¥1,000)されるかたはこちらから印刷してご記入ください
      ※2部ともパスポートと同じサインをしてください
    • 証明用カラー写真(2枚)
      4.5×3.5センチ
    • eチケット
      ※片道分で可能です
    • 現地の許可証(原本+コピー)
      ※原本が用意できない場合、カラー印刷でも可です(大使館に許可が通知されていない場合は原本が要求されます)
      ※外交または公用の場合は口上書(原本)をご用意ください

    注意事項

    ※料金は大使館実費+弊社手数料の総額です。

    ※「ビザ(査証)申請代行」はビザの発給や取得所要日数を確約するものではありません。あくまでもビザ申請を円滑に運ぶべく、申請書類のチェック・代理申請を行います。ビザ発給は、各国の大使館の判断となります。
    また、万一ビザの取得ができなかった場合でもお支払い済の代金のご返金はできませんのでご理解・ご了承の程お願い致します。

    ※取得日数は、お客様のパスポートが弊社に到着した日から、弊社からお客様にパスポートを返送出来る日までの計算です。お客様から弊社までの郵送日数、弊社からお客様までの郵送日数、弊社及び大使館の休日は含まれておりません。

     

    ご依頼のかたはこちら

    メールでお問い合わせはこちら
    Copyright © Asia Trading Corporation All Rights Reserved.